現金化でよくわからない言葉があったらコチラ!!

現金化でよくわからない言葉があったらコチラ!!

現金化でよくわからない言葉があったらコチラ!!

現金化を利用されるときに意味がいまいち分からないということもありますよね。そこで、どんな意味なのかを紹介してみました。

 

・クレジットカード・・・ ショッピング枠で現金を引き出すことができる!また、カード枠で買い物ができるカード!

 

・現金化・・・ クレジットカードのショッピング枠から買い物をしたような形で現金をキャッシュバックして振込を済ませる方法!

 

・現金化業者・・・ クレジットカードのショッピング枠から買い物をしたような形で現金をキャッシュバックして振込を済ませる方法をしてもらえるプロ集団(キャッシング会社ではない)

 

・商品・・・ 現金化業者を利用された際にお客様が購入された品物のこと。業者指定の場合が多い。(基本的に商品に価値はないものが届くことがほとんどですが、受け取らないとカード会社が通常であればキャンセル扱いになるはずなのにという意味で怪しむので確実に受け取って下さいね。)

 

・振込・・・ 入金すること

 

・高還元率・・・ 換金率とも呼ばれる。カード枠からお客様への振込金額の割合のこと。高還元率が90%なら10万円で9万円の振込があるということ!

 

・新幹線のチケットを現金化・・・ よく個人でクレジットカードをJRで購入してチケット転売店で売ることで現金を手に入れる手法の1つ!(ただしカード会社にバレやすく提携を解除されやすい)

 

・ボーナス払い(一括払い)・・・ 現金化するときにボーナス払い(一括払い)を選択するとショッピング枠には金利があるが、一括払いの場合のみ金利0%になるのでお得!

 

・ローン・・・ 家や車を回数を決めて借り入れをすること 

 

・消費者金融(キャッシング会社)・・・ お金を借りるために利用できる業者

 

・闇金・・・法定金利20%を超えた状態でお金を貸す法律違反の金融会社(消費者金融法違反)。ひどいときは年利1,000%というほどの多額の金利でお金を貸付ては取り立てていたが、近頃はソフト闇金という金利50%から100%程度しかも悩みの相談までしてしまう違法業者が蔓延っている。
※現金化業者も同じように思われる方がいるが、現金化業者は貸金業法を営んでいるわけではないので、現金化が完了した後は特に取立ててくるなどのことは一切ない。また現金化するときの手数料分(現金化依頼金額-換金率の差額分)は振込時に差し引かれているため後日請求書が届くこともありません!

 

・ブラックリスト・・・ 信用情報機関にお客様の個人情報が登録されること!(基本的に1度掲載されると7年間は借入できない) 日本の信用情報機関は3社あります。⇒株式会社日本信用情報機構(JICC) 株式会社シー・アイ・シー(CIC) 全国銀行個人信用情報センター(KSC) ※ただし、現金化を利用されたからといって掲載されることはまずないです。

 

・来店不要・・・ 店舗に行かなくてもネットや電話のみで対応してくれること

 

・リボ払い(分割払い)・・・ クレジットカードの借入などを回数を決めて支払うこと

 

・他人のカードを使用したい・・・ 夫の名義でも使用できない業者が多い!

 

・個人情報・・・ 住所、氏名、電話番号などを記載している情報のこと!(厳重に管理されていることが多くバレることはまずないです。)

 

・ネットバンク・・・ 通常であれば3時までしか開いていない銀行ですが、ネットバンクを利用されると24時間365日振込可能(土日祝もOK)となります。「代表的なネットバンク・・・ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行(旧イーバンク)」

 

・詐欺・・・ 近頃はお客様からお金をだまし取るためならどんな手口でもOKというように変化してきています。現金化業者の一部には、アダルト情報やギャンブル情報をついでに売りつけてくる業者もいるようです。ですが当サイトで紹介させて頂く現金化業者は全て詐欺をしてくるような業者ではありません!

 

何でも問い合わせはどうぞ!
ご質問はこちらからですよ^^

トップへ戻る